ディズニー映画「リメンバー・ミー」の作品情報

画像引用:「リメンバー・ミー」公式サイト

2017年に公開された、ディズニー&ピクサーのアニメーションです。監督はエイドリアン・モリーナ、リー・アンクリッチです。ミュージシャンを夢見る少年が死者の国に迷い込み、不思議な経験をする物語です。

>>>U-NEXTでお試しする

ディズニー映画「リメンバー・ミー」のあらすじ

画像引用:「リメンバー・ミー」公式サイト

ミュージシャンを夢見る少年・ミゲル。しかし彼の家族は、なぜか代々”音楽”を禁じられていました。その理由は、ミゲルの曾祖母ママ・ココの過去に深く関係があったのです。

年に一度、先祖が戻ってくるとされている“死者の日”に、音楽のイベント“死者の日コンテスト”がある事を知ったミゲル。彼は、伝説のミュージシャンデラクルスに憧れていて、何としてでもそこで演奏したいと思っていました。しかし、自分のギターを祖母に壊されてしまいます。

迎えた死者の日、コンテストにどうしても出たいミゲルは、亡くなったデラクルスの霊廟に忍び込み、保管されているギターを一時的に借りようとします。

しかし、それを手にして弾いた瞬間、なんと世界は一変。目の前にガイコツの姿をした死者たちが現れたのです。その理由は、”死者の日に死者の物を盗んだから”。ミゲルは死者の国に迷い込んでしまい、過去にこの世を去った先祖たちに出会います。

そこで、デラクルスの友人というヘクターに出会ったミゲル。死者の国から、生者の国に戻るため、ミゲルはヘクターと協力することに…。

ディズニー映画「リメンバー・ミー」の吹き替え声優情報

画像引用:「リメンバー・ミー」公式サイト

石橋陽彩(ミゲル役):2004年生まれ。声優、歌手など幅広く活躍中。アニメ「遊☆戯☆王SEVENS」、劇場アニメ「海獣の子供」、などに出演しています。

藤木直人(ヘクター役):1972年生まれ。俳優、歌手、ミュージシャンなど幅広く活躍中。映画「信長協奏曲」、「夏への扉ーキミのいる未来へー」などに出演しています。

橋本さとし(デラクルス役):1966年生まれ。俳優、声優、歌手など幅広く活躍中。映画「七つの会議」、「新解釈・三國志」などに出演しています。

大方斐紗子(ママ・ココ):1939年生まれ。女優、声優など幅広く活躍中。映画「シェアハウス」、「あなたの番です 劇場版」などに出演しています。

ディズニー映画「リメンバー・ミー」の見どころ

画像引用:「リメンバー・ミー」公式サイト

ミゲルの家族のルール

ミゲルの家族の中では、音楽を徹底的に禁じられていました。それでも、伝説のミュージシャン・デラクルスに憧れていたミゲル。

音楽が禁止になってしまった理由は、映画の冒頭では深く語られません。そのため、なぜ意味のわからないルールに縛られなければいけないのか、最初はとても疑問に感じました。

ミゲルの家族は、死者の日に向けての準備で、祭壇に先祖の写真を飾っていました。そこに映っていた、幼い日のミゲルの曾祖母ママ・ココ。彼女の父親は、なぜか顔の部分だけ写真が破られています。

実は、このママ・ココの父親(ミゲルのひいひいおじいちゃん)が、音楽禁止という謎ルールの発端となる人物だったのです。この人物や音楽をめぐって、過去に一体どんなことがあったのか、というのがこの物語の重要な ポイントです。

その真相は、徐々に明かされていくことになるので、注目してご覧ください!

死者の国のたくさんのルール

突然 死者の国に迷い込んでしまったミゲル。

そこで、”死者の日に死者の物を盗んだ生者は呪われる”というルールを知ります。他にも、”祭壇に写真が飾られていない死者は、年に一度の死者の日に、生者の国に行けない”など、謎のルールがたくさん!

死者の国にずっと居ては、帰れなくなることを知ったミゲル。早く生者の国に帰らなければ!と焦る彼の前に、ヘクターという死者が現れます。彼は、生者の国の祭壇に自分の写真が飾られていないため、娘に会いに行けず困っていました。

ある条件で協力関係になった二人は、出会ってすぐに意気投合し、一緒に音楽を奏でます。実はこの二人には深い繋がりがあったのです!最初は全く想像していなかった関係性にとてもビックリしました!

物語が進むにつれて、伏線回収のように全ての謎が解けるのでとても面白いです!彼らの間に一体どんな関係があるのか、注目です!

死者の国の世界観が凄い

ミゲルが迷い込んだ死者の国には、ガイコツの姿の死者がたくさん現れます。先祖たちもたくさん現れますが、不思議とその姿は怖くありません。

それぞれの姿や、ファッションやメイクなどが可愛らしく、死者なのに見ていて不気味さがありません。みんな年に一度の死者の日に、生者の国に帰るのを楽しみにしていました。

死者の国と聞くと、不気味なイメージですが、全くそんなこともない楽しそうな世界観が広がっています。明るく賑やかで、キラキラした死者の国の世界は、見ていてワクワクします!

美しい映像と共に、チャーミングに描かれた死者たちの姿にも注目です!

ディズニー映画「リメンバー・ミー」の感想

画像引用:「リメンバー・ミー」公式サイト

ミゲルのひいひいおじいちゃんは誰?

ミゲルは、家の祭壇に飾られていた写真を見て、デラクルスのギターをひいひいおじいちゃんが持っている事に気づきます。

顔の部分だけ破られているので、正体はわからなかったものの、自分のひいひいおじいちゃんはデラクルスだと思い込んだミゲル。憧れの存在がひいひいおじいちゃんだと確信し喜ぶ姿は、見ていてとても微笑ましくなりました。

しかし、本当にデラクルスがひいひいおじいちゃんなのか、という真実がとても気になります。

死者の国に行った時も、デラクルスを必死に探すミゲル。見ている側も、ミゲルとデラクルスが親族だと思い込んでしまう展開だったので、早く再会できないかワクワクしました!

しかしそこに現れたヘクターという死者の男。彼は自分がデラクルスの友人だと言います。後々わかる事ですが、彼はミゲルととても関係の深い存在でした。

果たして、ミゲルはデラクルスに会えるのか?!本当のひいひいおじいちゃんは本当にデラクルスなのか?!物語の行方には最後まで目が離せません!

デラクルスのまさかの事実に驚愕!

死者の国で、デラクルスについての情報を探るミゲル。ヘクターとも協力し、何とか接近しようとします。

ミゲルが憧れの存在としてリスペクトしていた伝説のミュージシャン・デラクルス。しかし、彼には大きな秘密と過去がありました。それは、ミゲルの家族が音楽禁止になった理由や、ヘクターとも関係のある秘密です。

まさか、こんな過去があったとは!と驚かされる展開ばかりで、当初想像していた結末とはかなり違っていて驚きました!

良い意味で裏切られる展開となっているので、誰もが予想外の結末にビックリするはずです。伝説のミュージシャンの過去に、一体どんなことがあったのか、彼は過去に何をしたのかに注目です!

ラストまで見ていくと、イメージとかけ離れたデラクルスの真実がわかります。ぜひ、最後まで注目してご覧ください!

謎が全て解ける感動のラスト!

デラクルスの過去を知って、その真実に驚愕した後、どんどんと他の真実も明らかになります。なぜミゲルの家の祭壇の写真は、ひいひいおじいちゃんの顔写真だけ破られているのか、これが重要なポイントです。

また、ヘクターの写真が、生者の国の祭壇に飾られていない理由も深く関わっています。ミゲルの曾祖母のママ・ココの過去や、ミゲルの一家が音楽禁止となった理由も全てが繋がっています。

ここまで真実が複雑に絡み合っている、ということにとても驚きました!また、この映画のタイトルでもある「リメンバー・ミー」とは、劇中に登場する歌です。

それは、デラクルスの作った歌として有名なのですが、実はこれにも秘密の過去があるんです。ラストの衝撃の展開には、とても驚かされました!そして、感動が溢れて止まりませんでした!

想像以上に深いストーリーとなっている「リメンバー・ミー」は、個人的にとてもオススメの映画です!ぜひみなさんも、最後までご覧ください!

ディズニー映画「リメンバー・ミー」のVOD配信情報

画像引用:「リメンバー・ミー」公式サイト

ディズニー映画「リメンバー・ミー」は、Disney+にて見放題配信中です。

レンタル配信で視聴可能な動画配信サービスは、U-NEXT、music.jpです。

U-NEXT
31日間無料

コメント

    VOD(動画配信サービス)15社を徹底比較!目的別におすすめの9社・利用する際の注意点を紹介

    月額数百円からという格安な価格で好きなだけ動画を見られるサイトが立て続けに誕生し、いつでも気軽にたくさんの作品を見られる時代が訪れました。

    ただし動画配信サービスを提供する会社は多く、どのサービスに申し込めば自分が見たい作品をより多く、お得に見られるのか知りたいという方は多いはずです。

    結論から言うと、動画配信サービスは目的別に以下の9社から選択しましょう。


    ABOUTこの記事をかいた人

    韓国ドラマやアニメが大好きです。いつも数多くの作品を見ています!作品情報や面白さなどを知りたい方にわかりやすく魅力を伝えていけるように頑張ります。みなさんも一緒にたくさんの作品を見て楽しみましょう。