アニメ 「夏目友人帳」のあらすじや声優、感想まとめ

画像引用:「夏目友人帳」公式サイト

「夏目友人帳」は、緑川ゆきによる日本の漫画作品です。アニメは2008年から2017年にかけて第1期から第6期まで放送されるほどの大ヒット作です。2018年には劇場版『夏目友人帳 うつせみに結ぶ』が公開されています。美しく儚い、人と妖の物語です。

アニメ「夏目友人帳」のあらすじ

画像引用:「夏目友人帳」公式サイト

小さい頃から、妖(あやかし、妖怪)を見ることのできた主人公の少年・夏目貴志(なつめたかし)。彼は変なものが見えてしまうことを誰にも信じてもらえず、嘘つきだと罵られ、疎まれていました。幼い頃に両親を亡くした夏目は、親戚の家を転々として転校を何度も繰り返していました。そんなある日、優しく暖かい藤原夫妻に引き取られた夏目は、山近くの自然豊かな田舎町で新たな生活をスタートすることになります。

ある時、妖怪が見えてしまう夏目は、「名前を返せ」と言い張る妖に襲われ、追いかけられていました。その時逃げ込んだ神社で、ある妖怪の封印を解いてしまいます。その場にあった招き猫を依代(よりしろ)にしたその妖怪は、(まだら)という名の大妖怪で、かなりの力を持った上級の妖でした。そこで夏目は、から祖母と祖母の残したある遺品についての話を聞くことになります。

祖母・夏目レイコが妖怪たちを子分とする証に、その名前を書かせた”友人帳”。名前を呼ぶだけで、“友人帳“の中に名前のある多くの妖怪たちを従えることができるので、夏目はたくさんの妖怪から狙われ、襲われるようになります。祖母の唯一の遺品である”友人帳”を受け継ぐことになった夏目は、名前を返すために大切に持っておくことを決めます。は、夏目が死んだ時は自分が“友人帳”を貰い受けるという約束で、夏目の用心棒となることを決めました。

は、普段は依代である招き猫そっくりの姿で過ごし、夏目のペット・ニャンコ先生として一緒に暮らすことになりました。

“友人帳”を受け継いだことで、ここから夏目の新たな旅路が始まるのです。

アニメ「夏目友人帳」の声優

画像引用:「夏目友人帳」公式サイト

神谷浩史(夏目貴志 役)

1975年生まれ。声優でナレーター。アニメ「ONE PIECE」トラファルガー・ロー役、「進撃の巨人」リヴァイ役などを務める人気声優です。

井上和彦(ニャンコ先生・斑 役)

1953年生まれ。声優でナレーター。舞台俳優や音響監督も務めています。アニメ「犬夜叉」竜骨精役、「ジョジョの奇妙な冒険」カーズ役などを務めています。

アニメ「夏目友人帳」の見どころ

画像引用:「夏目友人帳」公式サイト

個性豊かな妖怪たち

幼い頃から妖怪が見えてしまう夏目の目には、普通の人には見えない世界が広がっています。可愛らしい小さな妖怪から、不気味で人を襲う妖怪、人間のような見た目の妖怪、そしての様に大きな力を持った巨大な獣の姿をした上級の妖怪など、様々です。

日本の妖怪ということもあり、着物姿の妖怪も多く登場します。中には美しい女性の妖怪もいたりと、夏目の元に名前を返してもらおうと集まる妖怪たちがたくさん居ます。

それぞれの妖怪に個性があり、オーラがあり、次はどんな妖怪に出会うだろうとドキドキワクワクしながら物語を楽しむことができます。妖怪たちにも事情があったり、美しい感情があったり、人と心を通わせる者たちもいます。夏目は、名前を返す目的以外でも、困っている妖怪たちを助けようと奮闘します。

そんな優しい夏目は、妖怪の仲間だけでなく同じ様な境遇の人間や心優しい友人とも次第に出会うようになります。引き取ってくれた藤原夫妻とも幸せな日々を送るようになるにつれて、夏目自身が精神的にも大きく成長する姿に注目です。

物語の世界観

夏目たちが暮らしている場所はとてものどかな田舎です。田舎ならではの風景や、その場に多く現れる妖怪たちの姿など、独特の世界観や物語の穏やかな雰囲気におっとりしてしまいます。田舎の魅力を最大限に引き出しているその場所ですが、モデルとなっている場所は実は熊本県人吉市と言われています。アニメの中で登場する場所は、人吉市に実際にある建物が忠実に再現されています。

アニメの中の風景を見ながら実際のロケ地も見比べてみると、より楽しんで見ることができるのでここも見どころです!

心温まる穏やかな物語

祖母の“友人帳”を受け継ぎ、名前を返すこと以外にも、たくさんの妖怪たちの願いを叶えたり、望みを聞いてあげようと一生懸命な夏目。夢でその妖怪たちの記憶を見たり、話すことで感情を知ったりしながら協力してあげる優しい姿にたくさんの妖怪たちが心を開き慕うようになります。自然と仲間が増えるのも納得です。

幼少期は妖怪が見えるせいで気味悪がられ、友達ができず孤独を感じていた夏目でしたが、妖怪助けから始まり、たくさんの同じ境遇の人とも妖怪とも出会うことで孤独ではなくなっていきます。人も妖もどちらも大切にし、理解し合いながら共に生きていこうと受け入れる優しい心を持っているのです。

登場人物や妖怪たちといった多くのキャラクターが個性豊かで素敵です。そして穏やかで、優しく、心温まるストーリーが「夏目友人帳」の大きな魅力なのです。

アニメ「夏目友人帳」の感想

画像引用:「夏目友人帳」公式サイト

優しく穏やかな空気感で物語が進んでいき、時に感情を揺さぶられるような素敵なシーンがあったりと、本当にあたたかい気持ちで見ることができる素敵なアニメでした。

小さい頃から妖怪が見えることで、周りから疎まれていた夏目を見ていると、かなり切ない気持ちにもなります。優しい藤原夫妻に引き取られて徐々に笑顔を取り戻していく夏目を見ると微笑ましいです。やっと自分の居場所、帰る場所が見つかった様に思います。

ですが、相変わらず妖怪たちに絡まれる日々は続きます。名前を返してもらいに来る妖怪たちや、夏目に助けを求める妖怪、夏目と友達になりたい妖怪など可愛らしい妖怪も多く癒されます。中には、夏目を襲い呪いをかけたりする厄介で恐ろしい妖怪も居て、たまに肝を冷やします。

たくさんの妖怪との出会いを経て、その妖怪たちの過去や色んな思いを知ることで、切なくなったり愛おしくなったりします。妖怪たちに徐々に感情移入してしまうようなシーンも多いです。人間に悪さする妖怪ばかりではなく、のように守ってくれる妖怪も居ます。夏目自身が妖怪たちの手助けをすることによって、夏目を慕い、仲間として闘ってくれる妖怪も居るほどです。妖怪たちの優しさには感動する場面が多いです。

次第にたくさんの妖怪たちが夏目の友人となってくれます。その内に、同じ様に妖怪を見ることが出来る人間や、気配を感じることができる人間などが夏目の仲間になっていくので、とても心強いです。全く妖怪を見ることが出来ない夏目の友人も、これまでの人達とは違って、夏目のことを疎んだりはしません。その人たちの優しさを感じで胸が熱くなります。そして暖かい藤原夫妻のおかげで、幸せになった夏目を見て嬉しくもなります。

孤独だと思っていた夏目が、こうして妖怪にも人間にも仲間や友人ができ、暖かい家族ができて本当に嬉しい気持ちになりました。夏目友人帳は、物語の世界観が穏やかで優しい雰囲気ですが、オープニングの曲や、エンディングの曲もほっこりする曲が多いです。ひとつひとつのエピソードを見て、心が和んだあとにこの曲を聞くと癒されますよ。

超人気作なので、第1期から第6期までとても長くシリーズが続いていますが、内容がとても面白いので一瞬で過ぎていきます。むしろ終わって欲しくないと思うほどです。ぜひ、夏目友人帳の世界に足を踏み入れてみませんか?誰もが暖かく、優しい気持ちになれるそんな作品です。是非ご覧ください。

アニメ「夏目友人帳」VOD配信情報

画像引用:「夏目友人帳」公式サイト

アニメ「夏目友人帳」はNetflixにて配信中です。

コメント

    VOD(動画配信サービス)15社を徹底比較!目的別におすすめの9社・利用する際の注意点を紹介

    月額数百円からという格安な価格で好きなだけ動画を見られるサイトが立て続けに誕生し、いつでも気軽にたくさんの作品を見られる時代が訪れました。

    ただし動画配信サービスを提供する会社は多く、どのサービスに申し込めば自分が見たい作品をより多く、お得に見られるのか知りたいという方は多いはずです。

    結論から言うと、動画配信サービスは目的別に以下の9社から選択しましょう。