映画「モンスターハンター」あらすじや豪華キャスト、見どころも!

画像引用:「モンスターハンター」公式サイト

日本の大ヒットゲーム、「モンスターハンター」をハリウッドで実写化したアクティブアドベンチャー!
ミラ・ジョヴォヴィッチさんやアクション俳優、日本の女優など豪華キャストが出演しています。「バイオハザード」シリーズの監督最新作はファンには必見の作品です。

>>>U-NEXTでお試しする

映画「モンスターハンター」のあらすじ

画像引用:「モンスターハンター」公式サイト

あらゆるモンスターと人間が戦いを繰り広げる新しい世界。
大団長率いるハンター達は、嵐の中、そびえ立つ巨大な塔を目指し、砂漠の海を船で航海していました。
その道中、ハンター達の行く手を阻むモンスターが姿を現します。

それはディアボロス亜種。砂漠に住むモンスターでした。

ディアボロス亜種は、いきなり砂漠に出現した、侵入者であるハンター達に容赦なく襲いかかってきます。
それによりハンターの乗った船は、上下左右に激しく揺れ始め・・・

一方、人間たちが住む世界では、ある任務を任されたベテラン兵士のナタリー・アルテミスが、特殊部隊「ファルコン」を結成し、バギー2台に乗って砂漠を疾走していました。

そんな時、別の部隊である「ブラボー隊」が嵐に飲み込まれ、その先でモンスターに襲われてしまいました。
ナタリーたち「ファルコン部隊」の元に、救援を求める無線が入ったのです。

ナタリーは、ベテラン部隊の兵士であるリンク、機械工のダッシュ、マーシャルやアックスらと共に、「ブラボー隊」の救助に向かいます。

果たして、ナタリーたち兵士と、巨大モンスターの戦いの行方はどうなるのでしょうか?

映画「モンスターハンター」のキャスト

画像引用:「モンスターハンター」公式サイト

ナタリー・アルテミス 役(ミラ・ジョヴォヴィッチ)
精鋭部隊「ファルコン」の隊長。
ミラ・ジョヴォヴィッチさんは、この映画と同じようにゲームを原作とした映画、「バイオハザードシリーズ」でも主演しています。
「バイオハザードシリーズ」では、ゾンビ相手に華麗なアクションを披露。
この映画でも、巨大モンスターとの戦いに挑んでいます!

ハンター 役(トニー・ジャー)
腰に矢を装備した勇敢なハンター。
トニー・ジャーさんは、映画「マッハ!」シリーズなどで活躍している有名なアクション俳優です。
そんなトニー・ジャーさんが、この映画では、腰に矢を装備した勇敢なハンターを演じています。

大団長 役(ロン・パールマン)
部隊を引っ張るリーダー的存在の大団長。
ロン・パールマンさんは、これまで、映画「ヘルボーイ」や、「パシフィックリム」などに出演してきました。 裏社会のボス的な貫禄のある役が多い俳優さんです。

ハンドラー 役(山崎紘菜)
精鋭部隊の受付嬢。
ハンドラーを演じるのは、この作品でハリウッドデビューを果たした、日本の女優、山崎紘菜さんです。 ハンドラーは、モンスターの解説や、膨大な調査内容をまとめる情報統括のエキスパートで、物語において重要な役割を果たしています!

映画「モンスターハンター」の見どころ

画像引用:「モンスターハンター」公式サイト

バイオハザードの最強タッグ再び!

この映画と同じくゲームを実写化した作品として、「バイオハザードシリーズ」があります。
「バイオハザードシリーズ」は全世界において、累計興行収入12億ドル以上を記録し、大ヒットとなりました。

この映画は、その「バイオハザードシリーズ」を手がけた監督であるポール・WS アンダーソンさんと、同シリーズに主演した女優のミラ・ジョヴォビッチさんが再びタッグを組んでいます。

最強タッグがこの映画で再び実現したのです!

「バイオハザードシリーズ」で、大ヒットを収めた2人が、本作ではどんな世界を見せてくれるのか?また、再び大ヒットとなるのか?が大きな見どころとなっています。

この2人の夫婦共演も楽しみなところです。

また、この作品は、ゲームファンを公言している監督のポール・ WSアンダーソンさんが、10年も前から温め続けた企画とのことで、大きな期待が寄せられています。

秘境の地で撮影された素晴らしい景色

この映画で、監督のポール・ WSアンダーソンさんが最もこだわっているのは、「モンスターハンター」の壮大な世界観をリアルに再現することなのだそう。

そのため、この映画は、 CG などを駆使する手法は使わず、実際に、南アフリカや、ナミビアの奥地、秘境でロケを敢行しています!

映画に登場する風景のおよそ8割が、セットなどではなく、実際にロケで撮影されたものとのこと。
本当に驚きですよね。

作り物ではなく、本物ならではの壮大な風景がスクリーンに広がっているところも、この映画の大きな見どころの一つとなっています!

映画「モンスターハンター」の感想

画像引用:「モンスターハンター」公式サイト

ゲーム以上の迫力あるモンスターと戦士の戦い

主人公のナタリーたち、特殊部隊「ファルコン」に突然襲いかかるモンスターは、ディアブロス亜種という巨大モンスターです。

ゲームの中ではそれほど大きいと感じませんが、映画の中で人間と対峙した場面では、実際に人間と比べてみると、モンスターがものすごく大きいことがわかります。
しかも、このモンスター、ディアボロス亜種、同じくモンスターの巨大リオレウスともに、人間の使っている近代兵器が全然効かないようなのです。

これも驚きですよね。

物語の前半、ナタリーの仲間たちは、モンスターの倒し方も、弱点も、どうやって攻撃するすればいいのかすらわからず、為す術もなく倒されてしまいます。
がっかりするファンも、多かったのではないでしょうか?
そんな中で、見事生き残ったナタリーは、奇跡だといえると思います。

ナタリーとハンター、そしてナタリーと大団長率いる「ファルコン」の兵士達。
みんなが協力し合って巨大なモンスターと戦うシーンはとても迫力があり、 ハラハラ、ドキドキが止まりません!

「モンスターハンター」のゲームをやったことある方は、実際に戦っていたモンスターとも対戦しているような臨場感が味わえて大興奮できそうです。

出演キャストが豪華!

この映画で主演を務めるのは、女優のミラ・ジョヴォヴィッチさん。
彼女は、この映画と同じくゲームを実写化した映画「バイオハザードシリーズ」でも、主人公のアリスを演じています。

タイのアクションスターとして有名なトニー・ジャーさんは、勇敢なハンターを演じています。
体格が良く、独特の雰囲気を持つ俳優、ロン・パールマンさんも出演。
ロンさんは、過去に裏社会を牛耳る凶暴な男を演じていますが、この映画ではアドミラルというハンターのリーダー役を演じています。

そして一番の注目は、日本人女優、山崎紘菜さんがこの映画でハリウッドデビューを果たしていることです!
山崎紘菜さんは、「第7回東宝シンデレラオーディション」で、審査員特別賞を受賞して女優デビュー。
そんな山崎紘菜さんがこの映画では、特殊部隊の受付嬢、ハンドラーを演じています。
ハンドラーはハンター達をサポートする人物。
モンスターたちの解説をしたり、膨大な調査内容を統括する頭の切れる人物です。
ハンドラーは、「モンスターハンター」においては、欠かせないとても重要な役柄なんです!

映画「モンスターハンター」の配信情報

画像引用:「モンスターハンター」公式サイト

U-NEXT
31日間無料

コメント

    VOD(動画配信サービス)15社を徹底比較!目的別におすすめの9社・利用する際の注意点を紹介

    月額数百円からという格安な価格で好きなだけ動画を見られるサイトが立て続けに誕生し、いつでも気軽にたくさんの作品を見られる時代が訪れました。

    ただし動画配信サービスを提供する会社は多く、どのサービスに申し込めば自分が見たい作品をより多く、お得に見られるのか知りたいという方は多いはずです。

    結論から言うと、動画配信サービスは目的別に以下の9社から選択しましょう。