「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」のあらすじとキャスト、感想、まとめ

画像引用元 「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」公式サイト

日本で2020年に公開されたミステリー映画です。第6代目ジェームズ・ボンド役で知られるダニエル・クレイグ、「アヴェンジャーズ」シリーズでキャプテンアメリカを演じたクリス・エヴァンスが出演しています。

「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」のあらすじ

画像引用元 「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」公式サイト

ある朝、有名なミステリー作家のハーラン・スロンビーの邸宅で、家政婦の悲鳴が響き渡りました。この邸宅の主である、ハーランが遺体となって発見されたのです。

昨日は彼の85回目の誕生日でした。そのため、昨晩、彼の家には子どもから孫、また家政婦や彼の看護師など、彼の誕生日を祝うため多くの人が集まり盛大なパーティーが開かれていたのです。

ハーランが亡くなった現場を見た警察は最初、彼が自殺したものと判断します。

しかし…実は、彼の死には複雑な事情がいくつか絡んでいました。

親族らがハーランの死を受け入れられず戸惑っている中、ある探偵が現れます。彼の名は、ブノワ・ブラン。知る人ぞ知る名探偵でした。

彼は、差出人不明の手紙を受け取り、探偵としてこの事件の真相を暴くためにこの家に呼ばれてやってきたといいます。

彼を雇ったのは、何者なのか?そして事件の真相は…。そもそもこれは、自殺ではなく殺人事件なのでしょうか?

ブノワは、この邸宅で看護師として働いていた若い女性・マルタを助手として、ハーランの死に隠された真実に迫っていきます。

「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」のキャスト

画像引用元 「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」公式サイト

ブノワ・ブラン役(ダニエル・クレイグ)
1968年3月2日生まれ。イギリス、チェーサー州出身。
映画「007シリーズ」6代目ジェームズ・ボンド役で知られています。
彼が出演した2006年公開の映画「007 カジノ・ロワイヤル」は
シリーズ史上最高の興行収入となりました。

マルタ・カブレラ役(アナ・デ・アルマス)
1988年4月30日生まれ。キューバ出身。
2017年公開の映画「ブレードランナー2049」に出演しブレイクしました。
2021年10月公開予定の映画「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」では
CIAエージェント・パロマ役を演じており、ダニエル・クレイグと再共演しています。

ヒュー・ランサム・ドライズデール役(クリス・エヴァンス)
 1981年6月13日生まれ。アメリカ、マサチューセッツ州出身。
「アヴェンジャーズ」シリーズで、キャプテンアメリカを演じたことで知られています。
2018年の映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」をもってキャプテンアメリカ役、
MUC作品引退を発表していますが、その後も多くの作品に出演している人気俳優です。

「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」の見どころ

画像引用元 「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」公式サイト

ダニエル・クレイグが名探偵に!

007シリーズの6代目ジェームズ・ボンド役で知られるダニエル・クレイグ。この映画では、彼が事件を解明する名探偵役で登場します!

誰に雇われたか分からないまま突然登場し、最初は「本当に名探偵なの…?」とちょっと不安になるのですが…。

どこかひょうひょうとした、つかみどころのない人柄ながら、事件の重要なポイントはちゃんと押さえているんです。最後まで見れば、彼が立派な名探偵であることが分かります。

また見た目についても、ジェームズ・ボンドの時とは違ったスタイルではありますが、この探偵役のダニエル・クレイグもスーツを渋く着こなしていて素敵なんです。

ところどころに過去の名作へのオマージュが!?

ハーランの邸宅の中には、剣が集まった場所があるのですが…海外ドラマ好きの方、この場面に見覚えがありませんか?そう、あの人気海外ドラマの「鉄の玉座」と、とてもよく似ていますよね。

また、ブノワの個性的な人物像、事件の真相に迫っていく過程、ラストの事件の真相を話す姿には、アガサ・クリスティーが生んだ名探偵「エルキュール・ポアロ」にそっくりなところがあります。

その他にも、この映画には海外作品好きやミステリー好きな人ならば「あっ!」と驚かされるオマージュがいくつも登場するんです。

一つずつ、どの部分がどういった作品のオマージュであるか検証しているサイトもありますが、まずはご自分で登場人物のセリフや映像を見て、探してみることをおすすめします。

「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」の感想

画像引用元 「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」公式サイト

ハーランの魅力的な人柄

ハーラン・スロンビーは、85歳と高齢ながらユーモアがありとても優しく、茶目っ気のある人物として描かれています。本当に素敵な人で、亡くなってしまったことが惜しまれるほど…。マルタが、人としてハーランを尊敬し、慕っていた理由もとてもよく分かります。

このハーラン役を演じた俳優・クリストファー・プラマーは、残念ながら2021年2月に91歳で亡くなっているのですが…。彼は、これまで映画119作、テレビ作品79作、舞台17作と合計215作もの作品に出演していました。

この映画では序盤で亡くなってしまうので、その後の登場シーンはすべて回想での登場となるのですが、円熟味のある演技でハーランという人物を丁寧に演じています。

ダニエル・クレイグの探偵役も言うまでもなく最高なんですが、ぜひベテラン俳優のクリストファー・プラマーの演技にも注目してみてください。

アガサ・クリスティーに影響を受けた本格ミステリー

この映画の脚本は、監督が自ら書いており「アガサ・クリスティーに捧げる」と話しています。

その監督のコメント通り、アガサ・クリスティーの小説を読んでいるような気持ちにさせられる魅力的なミステリー作品に仕上がっています。

彼女の小説を読んだことがある方ならば分かると思うのですが、彼女の書く物語はとても読みやすく、ミステリー小説でありながら分かりやすい内容になっているんです。

しかし、そんな分かりやすい物語の中にもトリックや謎はちゃんと仕込まれていて、最後にはすべて伏線を回収してスッキリきれいに終わる…というのがお決まりの流れです。

この「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」も同様で、分かりにくいところがなく、物語も見る人を全く退屈させることなくテンポよく進んでいきます。

見終わってから「この映画、130分もあったの!?」と、ちょっと驚いたほどです。体感としては、90分映画を見た後のような感じでした。

それくらい展開が早く、何度も見直さなければならないほど複雑な人間関係もないので、ミステリー作品初心者の方でも、気軽に見られる作品となっています。

何度でも見たい名作!

先ほど「気軽に見られる」「体感では90分映画」とお話ししましたが、この映画はそんな気軽に見られる作品でありながら「何度でも見たい!」と思える奥深さ、味わい深さがあるんです。

複雑なトリックも、裏でつながったややこしい人間関係もないので、本当ならば何度も見直す必要はないはずなのですが…。雰囲気のある洋館「刃の館」、個性ある魅力的な登場人物たち、コミカルでクスっと笑えるシーンなど、何度見てもあきずに楽しめる魅力があります。

アガサ・クリスティーの小説にも、そういった魅力があり、今まで同じ作品が何度かドラマ化、映画化されていたりしますよね。トリックも犯人も分かっているのに、また見たくなるんです。

この映画は、そんな『クセになる』名作映画でもあります。

「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」のVOD配信情報

画像引用元 「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」公式サイト

「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」 は、U-NEXT(ユーネクスト)、AmazonPrimeVideo(アマゾンプライムビデオ)、Netflix(ネットフリックス)で定額料視聴することができます。dTV(ディーティービー)、TSUTAYA-TV(ツタヤティービー)でも視聴は可能ですが、レンタル視聴となります。

コメント

    VOD(動画配信サービス)15社を徹底比較!目的別におすすめの9社・利用する際の注意点を紹介

    月額数百円からという格安な価格で好きなだけ動画を見られるサイトが立て続けに誕生し、いつでも気軽にたくさんの作品を見られる時代が訪れました。

    ただし動画配信サービスを提供する会社は多く、どのサービスに申し込めば自分が見たい作品をより多く、お得に見られるのか知りたいという方は多いはずです。

    結論から言うと、動画配信サービスは目的別に以下の9社から選択しましょう。


    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、アニメ、ドラマ好きでジャンル問わず毎日1作は何か視聴していますが、その中でも特に『面白い!』と思った作品を記事にしてお届けしています。結末のネタバレは避けているので、各作品のラストはぜひご自分でご覧になってみてください(^^)