「劇場編集版 かくしごと ーひめごとはなんですかー」の声優、あらすじ、感想、まとめ

画像引用元 「劇場編集版 かくしごと ーひめごとはなんですかー」公式サイト

2021年7月に公開されたアニメ映画です。原作者は漫画『さよなら絶望先生』で知られる漫画家・久米田康治さん。主役の漫画家・後藤可久士を人気声優の神谷浩史さんが演じています。

>>>U-NEXTでお試しする

「劇場編集版 かくしごと ーひめごとはなんですかー」のあらすじ

画像引用元 「劇場編集版 かくしごと ーひめごとはなんですかー」公式サイト

後藤可久士は、ちょっとお下品な漫画を描いている漫画家。世間ではそこそこ名も知られていて、子どもから大人まで多くのファンの心を掴んでいます。

しかし…大事な一人娘・姫にだけは、自分がそんなお下品漫画の作者であることは、絶対秘密!姫が生まれたその日から、自分の仕事を隠し通すと固く決意したのです。

姫が10歳になっても、彼のその決意は少しも揺らぐことはなく…。可久士は、自分の仕事が姫にバレてしまわないよう周囲のスタッフに無理な協力をさせたり、むちゃくちゃな行動をとったりと、ドタバタで騒がしい毎日を送っていました。

そんな可久士とその周囲の人々の努力の結果、姫は父親がどんな仕事をしているのか知ることなく、おっとりとした優しい女の子に成長していきます。

『父親の職業が漫画家であること』。それだけが、仲良し親子の間にある唯一の『隠し事』…のはずでした。

ですが、姫が18歳の誕生日を迎えた日から、後藤家にあった他の『隠し事』が明らかになっていきます。

「劇場編集版 かくしごと ーひめごとはなんですかー」 の声優紹介

画像引用元 「劇場編集版 かくしごと ーひめごとはなんですかー」公式サイト

後藤可久士役(神谷浩史)
1975年1月28日生まれ。千葉県出身。
日本国内だけでなく海外にもファンの多い人気声優です。
アニメ『化物語』シリーズの阿良々木暦役や
『夏目友人帳』の夏目貴志役など人気アニメの主人公役を
数多く演じています。

後藤姫役(高橋李依)
1994年2月27日生まれ。埼玉県出身。
2015年放送のアニメ『それが声優!』で
作品内のユニット『イヤホンズ』のメンバー・一ノ瀬双葉役を演じていました。
同じく『イヤホンズ』の声を担当している高野麻里佳さん、
長久友紀さんとともに実際に『イヤホンズ』を結成し
作品の放送終了後も継続して音楽活動を行っています。

十丸院五月役(花江夏樹)
1991年6月26日生まれ。神奈川県出身。
アニメ『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎役で知られる人気声優です。
2012年にアニメ『TARI TARI』の前田敦博(ウィーン)役で
アニメ作品初のレギュラー出演を果たして以降
多くの作品で主役や脇役を演じています。

「劇場編集版 かくしごと ーひめごとはなんですかー」 の見どころ

画像引用元 「劇場編集版 かくしごと ーひめごとはなんですかー」公式サイト

劇場編集版だけの追加シーン!

笑いあり涙ありの良作でとても完成度が高く、放送後のアニメファンによる評価も高かったテレビアニメ版「かくしごと」。その人気のあったテレビアニメ版を編集し、結末部分に追加の映像を加えたのがこの「劇場編集版 かくしごと ーひめごとはなんですかー」」です。

テレビアニメ版を元にした内容ではあるのですが、ただ同じ内容を繰り返すだけの退屈な作品ではありません!

劇場版では、18歳になった姫の語りや存在を効果的に利用しており、可久士と姫親子のこれまでの思い出を自然に振り返ることができるように編集されています。

その結果、ラストに明かされる後藤家の「隠し事」から受ける衝撃と感動が、より強く感じられるようになっているんです。そして、追加シーンによって更に大きな感動の波が!

可久士の過去と姫への愛、また姫の思いや誰にも断ち切ることのできない親子の強い絆に、心を動かされます。

原作の漫画を読んだ方、テレビアニメ版をすべて見たという方でも『かくしごと』がどれほどの名作であるか、この劇場版を見ることで再確認できるはずです。

「かくしごと」初心者でも大丈夫!

逆に原作の漫画も知らないし、テレビアニメ版も見ていないという方でも全く問題ありません!アニメ版の続編ではなく、劇場版だけで1つの作品として成立しているので、登場人物や内容を一切知らない初心者でも安心して見られます。

また、78分と短めの作品なので「時間はあんまりないけど、気分転換になにか良い作品を見たいな~」という時にもこの作品はお勧めですよ。

「劇場編集版 かくしごと ーひめごとはなんですかー 」の感想

画像引用元 「劇場編集版 かくしごと ーひめごとはなんですかー」公式サイト

神谷浩史さんの父親役がステキ!

原作が久米田康治さんで、主人公の声優が神谷浩史さんといえば、アニメ『絶望先生』のイメージが強いという方もいるかも知れません。『絶望先生』で神谷さんが演じた糸色望役は「絶望した!」が口癖でしたが、今回の作品では『娘ラブ!』な愛情深いお父さん役を演じています。

仕事はお下品な漫画を描く漫画家…という設定ですが、その仕事を頑張るのは、漫画を描くのが好きと言うだけではなく、大事な娘のためでもあるんです。

娘にそんな自分の仕事がバレないように無理な言い訳をしたり、仕事関係のスタッフも巻き込んで隠そうとする姿には爆笑させられますが、それも全部娘への愛があるからこそ!

コミカルなシーンで大笑いした後でも、神谷さんの「姫」と呼ぶ愛情たっぷりの穏やかな声は、胸に響きます。

神谷さんがお父さん役を演じている作品を初めて見たので「神谷さんの新たな魅力発見!」という感じがして、とても新鮮でした。神谷さんの演じる優しい声のキャラといえば『夏目友人帳』の夏目役が浮かびますが、今作ではそれとはまた違った大人な優しさがにじみ出ていて、とても素敵なんです。

主人公と娘の親子愛が泣ける!

劇中でも「ベタだー!」というセリフがある通り、言ってしまえばこの作品の大筋はベタで王道な感動作品なんです。

でも、その王道な家族の物語の中にうまくギャグシーン、可久士と姫という親子だからこそ生まれた温かなエピソードが挟み込まれていて、更に後藤家の『隠し事』がスパイスになって…。気づくとガッツリ心を掴まれ、泣かされている自分に気づきます。

可久士と同じように『娘ラブ!』『娘命!』というお父さんは、特に涙なしでは見られないのではないでしょうか!?

原作者の米田康治さん画業30周年作品ということもあると思うのですが、原作からテレビアニメ版、この劇場版まで、作画からストーリーのすべてがとても丁寧に作り込まれているんです。

中でも特にこの劇場版は、始まりからエンディングの雰囲気まで良くできていて、見終わった後もしばらく爽やか~でイイ感じの余韻が残りますよ。

「劇場編集版 かくしごと ーひめごとはなんですかー 」のVOD配信情報

画像引用元 「劇場編集版 かくしごと ーひめごとはなんですかー」公式サイト

「劇場編集版 かくしごと ーひめごとはなんですかー」は、U-NEXT(ユーネクスト)、FODプレミアム(エフオーディープレミアム)、dTV(ディーティービー)で視聴することができます。

U-NEXT
31日間無料
FODプレミアム
2週間無料
>>FODプレミアム で今すぐ見る <<
d-TV
31日間無料
>>dTVで今すぐ見る<<

コメント

    VOD(動画配信サービス)15社を徹底比較!目的別におすすめの9社・利用する際の注意点を紹介

    月額数百円からという格安な価格で好きなだけ動画を見られるサイトが立て続けに誕生し、いつでも気軽にたくさんの作品を見られる時代が訪れました。

    ただし動画配信サービスを提供する会社は多く、どのサービスに申し込めば自分が見たい作品をより多く、お得に見られるのか知りたいという方は多いはずです。

    結論から言うと、動画配信サービスは目的別に以下の9社から選択しましょう。