ドラマ「梨泰院クラス」のあらすじやキャスト、感想まとめ

画像引用:「梨泰院クラス」公式サイト

「梨泰院クラス」(原題:이태란 클라쓰)は、韓国のケーブルテレビ局JTBCにて2020年1月31日から3月21日まで放送されたテレビドラマです。最終回の視聴率がJCBC史上3位を記録した人気ドラマで、日本でも人気の高い作品です。

ドラマ「梨泰院クラス」のあらすじ

画像引用:「梨泰院クラス」公式サイト

国内最大の外食企業・チャンガグループに務める父親の転勤で、田舎に引っ越した高校3年生の少年、パク・セロイ(パク・ソジュン)。転校先の高校でチャンガグループの御曹司チャン・グンウォンに出会います。

グンウォンは、クラスメイトのイ・ホジンに暴力やいじめを繰り返していました。正義感の強いセロイは、グンウォンの態度や行動を許すことができず、それを止めに入ります。そこで口論になったセロイはグンウォンを殴ってしまいます。

ですが、グンウォンはチャンガグループ会長の息子で、その父親は、セロイの父親が働く会社の会長です。この事件でセロイは退学処分、父親は20年間務めた大企業を退職することに…。

そんなある日、グンウォンが自ら運転した車でセロイの父親を轢いてしまいます。グンウォンはその場でひき逃げの罪を犯し、セロイの父親は亡くなってしまいます。それを知ったセロイは怒り狂い、グンウォンに暴力をふるってしまった結果、刑務所行きとなってしまいます。

グンウォンのひき逃げは父親であるチャンガグループ会長、チャン・デヒによって隠蔽され、身代わりを立てることにより闇に葬り去られました。この2人への復讐と、チャンガグループを倒すことを心に誓ったセロイは、長い年月をかけてそれを実現させることに…。

梨泰院の街で「タンバム」という居酒屋を開き、そこで出会う仲間たちと共に、小さな居酒屋から大企業まで上り詰めるための新たな人生が始まります。そんなセロイの目の前には、チャンガグループからの数々の徹底的な妨害が待ち受けていました。

ドラマ「梨泰院クラス」のキャスト

画像引用:「梨泰院クラス公式サイト」

パク・ソジュン(パク・セロイ役)

1988年生まれ、韓国出身。ドラマ「キルミー・ヒールミー」「彼女はキレイだった」「花郎」「キム秘書はいったいなぜ」など、数々の名作韓国ドラマに出演している日本でも人気の俳優です。

クォン・ナラ(オ・スア役)

1991年生まれ、韓国出身。ドラマ「抱きしめたい〜ロマンスが必要〜」「あやしいパートナー〜Destiny Lovers〜」「マイディアミスター〜私のおじさん〜」などに出演しています。

キム・ダミ(チョ・イソ役)

1995年生まれ、韓国出身。映画「ソウルメイト」「The Witch 魔女」、ドラマ「その年、僕らは」などに出演しています。

アン・ボヒョン(チャン・グンウォン役)

1988年生まれ、韓国出身。ドラマ「最高の恋人」「太陽の末裔」「彼女の私生活」「ユミの細胞たち」などの話題作に出演しています。

ユ・ジェミョン(チャン・デヒ役)

1973年生まれ、韓国出身。ドラマ「グッドドクター」「花郎」「嫉妬の化身」「力の強い女ト・ボンスン」「空から降る一億の星」「ヴィンチェンツォ」など、有名作品に多数出演しています。

ドラマ「梨泰院クラス」の見どころ

画像引用:「梨泰院クラス」公式サイト

パク・セロイの生き方に感動

高校中退に刑務所生活など、チャン・グンウォンとチャンガグループと関わってしまったことによって、苦しい人生を送るパク・セロイ。そんなセロイですが、父親の教え通り、信念を持って生きていきます。人として、道徳的に正しい行いを貫いたり、目標は長い時間がかかっても必ず達成するセロイの生き方は、まさに格好良い主人公です。

そんな素晴らしい人間性を持ったセロイのもとには、自然と人が集まります。梨泰院で小さな居酒屋(タンバム)を始めたセロイは、仲間たちと共にチャンガグループを超え、国内で最大の外食企業を目指します。

有能なマネージャーや、料理の腕をどんどん上げていくスタッフなど、最高のメンバーでタンバムを急成長させていきます。大企業の力に負けずに立ち向かう姿がとても勇敢で格好良かったです。

壮大な復讐劇

セロイが高校時代にチャン・グンウォンと揉めたことをきっかけに、セロイの父親は退職に追い込まれ、そのうえグンウォンの起こした事故によって父親は亡くなってしまいます。

大企業の力で事実を隠蔽されてしまったセロイは、チャンガグループとは違う正しいやり方で正々堂々と勝つために、常に努力を惜しみません。父親を奪ったチャンガグループに罪をきちんと償わせ、復讐するまでの戦いからは目が離せません。

強大な力に対してどの様に戦うのか、セロイが信念を貫くことによって、チャンガグループに勝つことができるのか、注目です。

ドラマ「梨泰院クラス」の感想

画像引用:「梨泰院クラス」公式サイト

復讐までの長い道のり

チャンガグループの会長チャン・デヒ、そして息子のチャン・グンウォンとの戦いはとても長く苦しい展開でした。時には圧倒的な力の差を見せつけられ、希望が絶たれる様な瞬間もありました。

セロイ自身の力で這い上がっても、チャンガグループによる妨害があったりとたくさんの壁が待ち受けていて、一筋縄では行かないストーリー展開が、ハラハラドキドキ感 満載でした。

韓国ドラマでは悪役がかなり強いパターンが多いですが、このドラマでは会長チャン・デヒの野心やセロイへの敵意などが物凄く強いのでとても驚きました。何度邪魔されても諦めないセロイと、セロイをなんとしてでも潰したいチャン・デヒ。両者1歩も引かない戦いからは目が離せません!

チャンガグループからの猛攻撃に苦しみながらも、何度も仲間と共に乗り越えたセロイ。仲間思いなセロイの「商売で最も大切なのは人と信頼」というセリフにとても感動しました。

仲間との絆や困難を乗り越える姿

仲間思いのセロイは、人を最も大切にしていて、仲間の信頼が自分を強くすると語ります。一方、会長のチャン・デヒは、金と権力で周りを支配することで強さを誇示していました。

仲間がいるからこそ、仲間の信頼があるからこそ、強くなれるというセロイの素敵な考え方にとても心を動かされました。仲間のために常に一生懸命なセロイは、仲間と強固な信頼関係を築き上げ、さらに多くの仲間を増やしていきます。

自分の価値は自分で決める。そんなセロイの格好良すぎる考え方や生き方は、とても魅力的で真似したくなります。いつでもブレない信念を持って生きる姿は私たちに大切なことを教えてくれます。

自分を貫く魅力的な登場人物

セロイの居酒屋・タンバムで働くメンバーは1人1人個性があります。ソシオパス、トランスジェンダー、外国人、またはセロイと一緒に刑務所に居た前科者など様々な人々が働いています。

それぞれが、みんな違ってみんな良いと思えるような個性豊かな登場人物ばかりです。自分自身の事で悩み傷つきながらもお互いに支え合いながら前に進んでいきます。

他人と自分が違っても、自信を持って生きることや、他人の違う部分を受け入れる多様性を感じる瞬間がたくさんありました。お互いの秘密やコンプレックスを打ち明けながら、理解や絆を深めていくメンバーの絆に感動します。

ドラマ「梨泰院クラス」VOD配信情報

画像引用:「梨泰院クラス」公式サイト

梨泰院クラスはNetflixで配信中です。

コメント

    VOD(動画配信サービス)15社を徹底比較!目的別におすすめの9社・利用する際の注意点を紹介

    月額数百円からという格安な価格で好きなだけ動画を見られるサイトが立て続けに誕生し、いつでも気軽にたくさんの作品を見られる時代が訪れました。

    ただし動画配信サービスを提供する会社は多く、どのサービスに申し込めば自分が見たい作品をより多く、お得に見られるのか知りたいという方は多いはずです。

    結論から言うと、動画配信サービスは目的別に以下の9社から選択しましょう。