ディズニー映画「ファインディング・ドリー」の作品情報

画像引用:「ファインディング・ドリー」公式サイト

大ヒットした「ファインディング・ニモ」の旅から約1年後。ニモの大切な友達・ドリーの家族の記憶を取り戻す、壮大な冒険ファンタジーが始まります。ドリーが主人公の本作は、2016年に公開されました。

>>>U-NEXTでお試しする

ディズニー映画「ファインディング・ドリー」のあらすじ

画像引用:「ファインディング・ドリー」公式サイト

カクレクマノミのニモと、その父のマーリン。彼らの大切な友人のドリーは、忘れんぼうで、ついさっきまでの出来事でも忘れてしまいます。

そんなドリーでしたが、ある日ひょんなことから、生き別れになった家族のことを思い出すことに…。わずかな手がかりをもとに、カリフォルニアに向かおうとするドリー。

過去にドリーに助けられたニモとマーリンは、そんな彼女を放っておけず一緒に旅に出ることにしました。そして、ドリーがたどり着いたのは、海の生き物たちにとっては超危険な”人間の世界”。そこで、様々な海の生物たちと出会います。

タコのハンクや、ジンベエザメのディスティニー、シロイルカのベイリーなど、新しい仲間との出会いがたくさんありました。

その場所で、ドリーは自分の家族を探そうとしますが、なかなか見つかりません。果たして、家族はどこに居るのか…。彼女の果てしない冒険が、さらにここから始まっていくのです。

ディズニー映画「ファインディング・ドリー」の吹き替え声優情報

画像引用:「ファインディング・ドリー」公式サイト

室井滋(ドリー役):1958年生まれ。女優、著作家など幅広く活躍中。ドラマ「黒革の手帖」、「14才の母」、「七人の秘書」などに出演しています。

木梨憲武(マーリン役):1962年生まれ。お笑いタレント、歌手、アーティスト、俳優、司会者など幅広く活躍中。お笑いコンビ とんねるずのメンバー。映画「明日の記憶」、「いぬやしき」などに出演しています。

菊地慶(ニモ役):2008年生まれ。テアトルアカデミー所属。2016年の映画「ルーム」でも吹き替えを務めています。

川上隆也(ハンク役):1965年生まれ。俳優、声優など幅広く活躍中。ドラマ「花咲舞が黙ってない」、「ノーサイド・ゲーム」などに出演しています。

中村アン(ディスティニー役):1987年生まれ。女優、ファッションモデル、タレントなど幅広く活躍中。ドラマ「SUITS/スーツ」、「着飾る恋には理由があって」、「日本沈没ー希望のひとー」などに出演しています。

多田野曜平(ベイリー役):1962年生まれ。俳優、声優など幅広く活躍中。吹き替えを担当する映画が多く、「塔の上のラプンツェル」、「トムとジェリー」シリーズなどに出演しています。

ディズニー映画「ファインディング・ドリー」の見どころ

画像引用:「ファインディング・ドリー」公式サイト

ドリーの幼少期や家族の記憶が気になる

忘れんぼうのドリーは、ある事がきっかけで、自分の家族についての記憶が蘇ります。家族のことを突然思い出したことで、自分にも家族が居たことに大喜び!

頭の中の記憶や、見覚えのあるものなど、わずかな記憶を頼りに家族を探します。思い出すことが苦手なドリーが、一生懸命な姿と、それを助けようとするニモたちの友情に心動かされました。

果たして、ドリーの家族は見つかるのか、家族を探す大冒険に注目です!

ドリーがたどり着いた”人間の世界”

記憶をもとに旅をしていた途中で、ドリーはなんと人間に捕らえられてしまいます。友人で、かつてドリーに救われたニモとマーリン親子は、ドリーを救うために奮闘します。

仲間のために一生懸命なところが、とても優しくて勇敢で素敵でした!しかし、ドリーを助けようと潜り込んだ先はまさかの水族館。そう、ドリーは人間に捕らえられて水族館の水槽の中に居たのです!

危険な状態に足を踏み入れるニモとマーリン。かつてこの親子はたくさんの危機に見舞われました。せっかく平和が訪れたのに、また危険な場所に行って、離れ離れにならないかとても心配になりました。

見ていてハラハラドキドキする展開や、彼らが無事に目的を達成できるのかに注目です!

新しい仲間たちが可愛い

人間に捕らえられてしまい、自分がどこに居て何をされるのか全く分からず慌ててしまうドリー。まさにパニック状態です。

しかし、水族館の中ではたくさんの新たな仲間に出会います。ドリーの手助けをしてくれる、親切な仲間たちは、とても可愛くて癒されました。

タコやジンベエザメ、シロイルカなど個性豊かな仲間たちのキャラクター性にも注目です。

それぞれのキャラクターが大活躍するので、彼らの冒険や脱走劇には注目です!見ていてとても面白いので、最後まで目が離せません!

ディズニー映画「ファインディング・ドリー」の感想

画像引用:「ファインディング・ドリー」公式サイト

徐々に明かされていくドリーの記憶

新たな仲間たちと出会ったドリー。その中にはまさかの出会いもあり、自分自身の過去について気づく場面もありました。

思わぬ出会いによって、家族との再会のヒントを得たドリー。水族館の中を大移動します。小さい魚たちにとっては、とても広大な水族館の水槽。まるで未知の世界のような場所に、思い切って飛び込もうとする勇気が凄いなと思いました!

水族館に辿り着いてから、様々な記憶を取り戻していくドリー。その記憶のひとつひとつに、家族の居場所のヒントが隠されています。

ドリーが次々と思い出す昔の記憶に、私も色々想像を膨らませながら見ることができました!ドリーの記憶と共に謎が明かされていくので、とても面白かったです!

果たして、ドリーは家族の手がかりを見つけることができるのか、注目です!

ハラハラドキドキの脱出激や救出劇!

仲間たちの協力や、自分の記憶をヒントに、徐々に目的地に近づいていくドリー。水族館の中をたくさん移動するのですが、こんなところも通るの?!と思うような危険な場所も泳いでしまいます。

危険を恐れず突き進む姿は、見ていてとても応援したくなりました!一方、ニモとマーリンも危険な状態でたくさんの危機に見舞われます。

家族を探すために、必死になりすぎたドリーは周りが見えていませんでした。ドリーに協力しようとしたニモとマーリンも、度々危険にさらされてしまいます。

しかし、どんなことがあってもドリーを救うために一生懸命な姿や、たくさんの危機にも立ち向かっていくニモとマーリンが、勇敢でカッコよかったです!

果たして彼らは無事なのか?!最後まで目が離せません!

両親はどこに居るのか

水族館を大冒険したドリー。しかし、両親はなかなか見つかりません。一体どこに居るのか、私も最初は、考えても全然わかりませんでした。

新たな仲間たちの登場で、少しずつ真実に近づくドリーですが、あちこち行ったり来たり。早く両親が見つからないか、ドキドキする展開の連続でした!

必死に水族館の中を泳いだドリーですが、両親は実は意外なところに居たんです!ラストにかけて、両親の居場所がどこなのか徐々に分かってきます。

どうやって再会を果たすのか、彼らの懸命な努力からは最後まで目が離せません!感動のラストや、まさかの展開にも注目してご覧ください!

海の生物たちが、大海原や人間の世界を大冒険する壮大な物語。とても見応えがあって、たくさんのキャラクターに癒される素敵な映画です。

ぜひ、みなさんも「ファインディング・ドリー」をご覧ください!

ディズニー映画「ファインディング・ドリー」のVOD配信情報

画像引用:「ファインディング・ドリー」公式サイト

ディズニー映画「ファインディング・ドリー」は、Disney+ にて見放題配信中です。

レンタル配信で視聴可能な動画配信サービスは、music.jp、U-NEXT です。

U-NEXT
31日間無料

コメント

    VOD(動画配信サービス)15社を徹底比較!目的別におすすめの9社・利用する際の注意点を紹介

    月額数百円からという格安な価格で好きなだけ動画を見られるサイトが立て続けに誕生し、いつでも気軽にたくさんの作品を見られる時代が訪れました。

    ただし動画配信サービスを提供する会社は多く、どのサービスに申し込めば自分が見たい作品をより多く、お得に見られるのか知りたいという方は多いはずです。

    結論から言うと、動画配信サービスは目的別に以下の9社から選択しましょう。


    ABOUTこの記事をかいた人

    韓国ドラマやアニメが大好きです。いつも数多くの作品を見ています!作品情報や面白さなどを知りたい方にわかりやすく魅力を伝えていけるように頑張ります。みなさんも一緒にたくさんの作品を見て楽しみましょう。