「バード・ボックス」のあらすじやキャスト・感想まとめ

画像引用元:「バード・ボックス」Netflix公式サイト

「バード・ボックス」は2018年にアメリカで制作されました。
Netflix(ネットフリックス)オリジナル作品。
ジョシュ・マラーマン原作の同名小説の映画化で、配信後1週間で4500万人以上に視聴された人気作です!

>>>洋画をU-NEXTでお試しする

「バード・ボックス」のあらすじ

画像引用元:「バード・ボックス」Netflix公式サイト


「良い?絶対に目隠しを取ってはだめよ。」
「目隠しを取ったら、死んでしまうんだから…!」

幼い子ども二人に、必死に話しかけるマロリーのショッキングな言葉から本作は始まります。

5年前、世界の各地で異常行動・集団自殺が起こり、ニュースで話題になっている。
画家のマロリーは妊娠中。しかしお腹の子供にも世間にも関心がなく、
テレビも見ていませんでした。

妹ジェシカに連れられて、妊婦健診に訪れた病院で、「異変」は突然始まってしまいます。
さっきまでにこやかに電話していた女性が、急に自殺するのです!

慌てて逃げるマロリーとジェシカ。
しかしジェシカは、何かを見てしまい、マロリーの目の前で自殺します。

マロリーは居合わせたトムに助けられ、偶然近くの屋敷に逃げ込んだ数人で籠城生活が始まり…。

「バード・ボックス」のキャスト紹介

画像引用元:「バード・ボックス」Netflix公式サイト

マロリー役(サンドラ・ブロック)
1964年7月26日生まれの56歳。
アメリカ・バージニア州出身。
「しあわせの隠れ場所」でアカデミ主演女優賞受賞する実力派です。
シリアスからコメディまで幅広く演じられる、
サンドラの演技が作品の見どころの一つになっています!

ジェシカ役(サラ・ポールソン)
1974年12月17日生まれの46歳。
アメリカ・フロリダ州出身。
「アメリカン・クライム・ストーリー」でゴールデングローブ賞・女優賞や
エミー賞・主演女優賞を受賞しています。

トム役(トレバンテ・ローズ)
1990年2月10日生まれの31歳。
アメリカ・ルイジアナ州出身。
「ムーンライト」で主人公の青年期を演じ、注目されている若手俳優です。
本作でも重要な役を熱演していますよ!

ハリウッド作品も作れそうなキャスト陣の豪華さから、
Netflix(ネットフリックス)が力を入れて本作に取り掛かったことが伺えますね!
「オーシャンズ8」のキャストがいるのも、作品のファンとしては嬉しいポイントです。

「バード・ボックス」は「見てはいけない」がみどころ

画像引用元:「バード・ボックス」Netflix公式サイト



見てはいけない!

パニックムービーの中で、「音を出してはいけない」作品は何作かありますよね。
行動が制限され、視聴者をヒヤヒヤさせます。

しかし、「バード・ボックス」は「見てはいけない」のです。

逃亡中も、戦う中でも、「見てはいけない」。 その難易度の高さが、本作のみどころです!

「アレ」を見ずに生き延びるには?!

世界中に広がっている、謎の集団自殺や異常行動。
その原因はウィルスなのか、モンスターなのか?情報がない中での避難生活がはじまります。

  • 「アレ」を見たら死ぬ。
  • 「アレ」は封鎖された建物の中に自力で入ってはこれない。
  • 「アレ」が近づくと鳥が騒ぐ。

避難生活をはじめ、段々とわかってくるのは上記の3点です。

最初の数日は良いのですが、当然食料が底をつき始めます。
外に出て食料を見つけないといけない。
でも外を見たら死んでしまう。

極限生活の中、なんとか工夫して命をつないでいきます。

人間も怖い!

見たら死んでしまう「アレ」ですが、ルールを守ればなんとかなる…。
見えない生活になれて、そう思えるようになった頃、不意に新たなパニックがやってきます。

マロリーと同じく、妊娠しているオリンピアは優しい女性。
彼女はその優しさから、助けを求めてきた見知らぬ男性を、仲間に相談無く屋敷に入れてしまうのです。

まもなく産気づいたマロリーとオリンピア。
彼女たちの出産でメンバーが気を取られているスキに、新しく入ってきた男性が恐ろしい行動に出ます。

敵は「アレ」だけじゃない…!

「バード・ボックス」は今までにないパニックムービー

画像引用元:「バード・ボックス」Netflix公式サイト


「見てない」のに怖い!

「バード・ボックス」では、見たら死んでしまう「アレ」が敵です。
なので主人公たちは、屋外では常に目隠しをしないといけません。

目隠しをして、外を歩くのがこんなに不自由で恐ろしいのかと痛感させられます。

「昼間しか活動できない」や「音を出してはいけない」といった制限のある、パニックムービーはありますが、「見てはいけない」は一番辛いのでは?

「アレ」のやり口がズルい

見たら死んでしまう恐怖の「アレ」は、それだけで十分に恐ろしい。
しかし、襲ってきて攻撃する事はありません。
見ないだけなら、慣れたらイケるかも?と思いますよね。
残念ですが違います。

嫌らしいことに「アレ」は目隠しを外させようと、親しい人の声で幻聴を聞かせてくるのです!
ズルい!そんなの目隠し取りたくなっちゃいます。

そこで活躍するのが、タイトルでもある「バード・ボックス」。
「アレ」が近づいてくると、鳥が騒ぐので、鳥をかごや箱に入れて持ち歩けば、幻聴に惑わされずに済むのです。

しかし、いつも鳥を持ち歩くわけにも行かず、幻聴か本物かの判断も難しい…。
そこがヒヤヒヤして、作品に引き込まれるポイントでもあります。

「見ても平気な人」まで出てくる

目隠しでのサバイバル生活に、マロリーたちが慣れた頃。
「アレ」を見ても平気な人たちが出てきます。

彼らは心に闇を抱えていて、そういう人間は「アレ」を見ても異常行動で自殺はしません。
しかも彼らは「アレ」を信仰していて、多くの人に「アレ」を見せてあげようとするのです。

銃やナイフで攻撃もしてきます。
目隠しをした状態で、彼らから逃げるのは至難の業で、「アレ」より厄介なのでは?とドキドキします。
こういった作品ではいつも思いますが、結局人間が一番怖いんですよね。

その声は本物なのか?

物語が進むと、マロリーたちは無線で見知らぬ人から語りかけられます。
声の主が言うには、そこには「アレ」は無く、食料もあり、安全であるとのこと。

魅力的な申し出ですが、目隠しをして、そこまでどうやってたどり着くのか?
またその声は「アレ」や「アレ」の信仰者でなく本物なのか?
など、疑問や不安があふれます。

息をつく間もない展開ばかりで、「バード・ボックス」は最後まで見どころ満載です!
また、パニックばかりでなく、最初は子供を養子に出そうとしていたマロリーの母性の成長も胸を打ちます。

「バード・ボックス」のVOD 情報

「バード・ボックス」が配信されているのは、Netflix(ネットフリックス)のみです。

U-NEXT
31日間無料
Netflix

コメント

    VOD(動画配信サービス)15社を徹底比較!目的別におすすめの9社・利用する際の注意点を紹介

    月額数百円からという格安な価格で好きなだけ動画を見られるサイトが立て続けに誕生し、いつでも気軽にたくさんの作品を見られる時代が訪れました。

    ただし動画配信サービスを提供する会社は多く、どのサービスに申し込めば自分が見たい作品をより多く、お得に見られるのか知りたいという方は多いはずです。

    結論から言うと、動画配信サービスは目的別に以下の9社から選択しましょう。